暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

神田祭の日程 2015について、メインの日、クライマックスはいつなのか?

   

23d23d802ef002859ae3003bdaf99e90_s

東京の神田祭といえば、江戸時代から続く全国的に有名な祭りです。


山王祭(日枝神社)、深川祭(冨岡八幡宮)と並ぶ江戸三大祭りのひとつ。

江戸城内に入ることを認められ
徳川将軍の上覧に供された祭りのひとつで「天下祭」とも言われています。


またまた

京都の祇園祭(八坂神社)、大阪の天神祭(大坂天満宮)と、
ともに日本三大祭にも数えられています。


さてその神田祭の期間は、

神輿や山車が出るのは二日間。
しかし、御霊入れから献茶式までの約1週間の祭りなのです。







◆神田祭の日程は?




神田祭は二年に一度、本祭りが行われます。


日程

5月7日(木)夕刻 鳳輦神輿遷座祭
5月8日(金)夕刻 氏子町会神輿神霊入れ
5月9日(土)終日 神幸祭
5月10日(日)神輿宮入
5月14日(木)午前10時 表千家家元奉仕献茶式
5月15日(金)午後2時 例大祭、創生神楽奉納



上記のように御霊入れから献茶式までの約1週間の祭りです。


・場所

千代田区外神田2-16-2 神田明神



・お問い合わせ先

ホームページ神田明神>>>


・電車でのアクセス

地下鉄丸ノ内線「御茶ノ水」駅より徒歩5分
地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅より徒歩5分
地下鉄銀座線「末広町」駅より徒歩5分
JR・地下鉄日比谷線「秋葉原」駅より徒歩7分






◆神田祭の見どころクライマックスとは?




6日間に渡って行われる行事なんですけど、
その中でも見どころと言えば5月9日「神幸祭」と5月10日「神輿宮入」。

この2日間こそ、神田祭のクライマックスであり、

多くの人で賑わい迫力溢れる神輿担ぎを見ることができます。



5月9日(土)の神幸祭では、

・東京藝術大学の1年生が制作する曳き物
・福島県の相馬野馬追(そうまのまおい)騎馬武者行列

など500メートルに及ぶ時代行列が
小川町・駿河台下・神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内を練り歩きます。






5月10日(日)神輿宮入は、

これぞ江戸の祭りというイベントで、
100基の町神輿が次々に宮入参拝して、おはらいを受け、再び町に出ていきます。


神輿や曳き物などの行列が多数出て、
神輿宮入は朝から晩まで(19時ぐらいまで)ずっとあります。

ですから、どの時間に行っても必ず神輿を観る事ができます。


威勢のよい掛け声とともに担ぎ手が境内にはいり神輿を上げると
見ている観客からは歓声が上がり、おおいに盛り上がります。



更にはそれを見るだけでなく、
もちろん食べる方も、この日は神田明神周辺にたくさんの屋台が出ます。

ですからそれを目当てに訪れる人も多く、終日ものすごい人です。






◆神田祭とラブライブのコラボについて




神田明神がアキバということもあるのでしょうか?

その他今回、神田祭では、ラブライブとコラボします。

詳しくはこちら公式HP>>>



神田祭とメンバーのコラボポスター
巫女姿のメンバーがデザインされたTシャツ
巫女姿のメンバーの蒔絵シール
ラブライブ!× 神田祭 コラボカステラ饅頭など。。。


お祭の記念に通販していますよ。


 - 季節の行事