暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

知っておきたい交通事故の慰謝料計算の問題点|示談でもめないために

   

7959954cfc090c894fba7b71fcde37c5_s


示談交渉で揉めることがないよう、

慰謝料の計算に使われる基準について知っておきましょう。


交通事故の慰謝料を請求した場合、
具体的にいくらになるかは3つの基準によって計算されます。

基準には自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準があり、

それぞれで慰謝料の計算方法が変わります。


そもそも基準が3つあることがおかしなことだとも言えるのですが、

基準によって額が変わり適正な慰謝料の額が判断しにくいですし、
自分が望む額をもらえるかどうかも不透明です。


このことは実際に大きな問題点として挙げられます。






◆よくわからない基準で慰謝料が計算されてしまう任意保険基準



たとえば自賠責基準は
入院や通院の日数に応じて額が変わり1日あたり4,200円と法律で定められています。

入院の日数か、通院の日数を2倍した数字のうち、
どちらか少ない方を適用して計算するのが特徴です。

注意したいのは自賠責基準では120万円が支払いの上限となっていることです。

しかも治療費や休業損害といった
支払いも含めた総額の上限が120万円となっているため

慰謝料だけを見ると非常に少額になることが珍しくありません。


120万円を超える場合は任意保険基準によって計算が行われます。

ではその任意保険基準ですが、
これが各保険会社が独自に設けた基準で自賠責基準を参考にしているとされています。

額も自賠責基準よりは高くなるのですが

弁護士基準と比較するとまだまだ低い額で、

感じ方は人それぞれですが
提示された慰謝料に納得ができないという方も少なくありません。


基準は非公開のため私達は知ることができず、
相手方の保険会社を信用することができるかどうかがポイントです。

よくわからない基準で慰謝料が計算されてしまう、
これは現在の慰謝料制度の大きな問題点と言えるでしょう。




◆弁護士基準は時間と手間がかかります



弁護士基準は裁判で利用される基準で、
慰謝料の額ももっとも高くなる傾向にあるため被害者に寄り添った基準だと言えます。

ただ、弁護士基準で慰謝料を請求するためには裁判をするのが基本ですので
弁護士を雇う費用も必要になりますし、

なにより時間と手間がかかります。


正当な慰謝料を請求したいだけなのに裁判で決着を付けなければならない、

これもまた問題点と言えるのではないでしょうか?


◆まとめ



交通事故の慰謝料の計算は基準が複数あることで非常に複雑になっています。

通常こうした知識は持っていないことが多いので
時には被害者に不利に働いてしまいます。

この問題点をクリアするためには

自分自身が知識を持ち、
慰謝料の請求時にしっかりとした判断を下せるようになることが求められます。

複雑とはいえ決して難しいものではありませんので、

万が一の時に備えて慰謝料の基準について覚えておきましょう。


 - 暮らし・アイデア