暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

法事で七回忌の際の服装の基本・知識

   

29c9840844371f4118255cccf3160f2d_s


法事には一周忌や三周忌があるものですが、
規模が小さくなり始め、親族や遺族だけで供養するようになるのが七回忌です。


「七回忌法要の案内状が届いたけれど、どんな服装で行けばいいのか分からない」

という方はぜひ参考にしてみてください。






・七回忌法要服装の基本について



三回忌までは喪服を着て参列するのがマナーですが、
七回忌以降となると案内状にも平服で参列してくださいと書かれていることもあります。

確かに七回忌以降は親族、遺族だけで執り行われることが多いので、

服装も略装で構いませんし、かしこまって着物を着る必要もありません。

基本的には喪服でもまったくかまいませんので、
黒をベースにグレーや濃紺で揃えるといいでしょう。


男性の場合は黒やグレー、濃紺のスーツに黒のネクタイ、
白いワイシャツに黒系の靴下、革靴になります。


女性は黒、グレー、濃紺のワンピースやツーピースに黒かグレーのストッキング、
黒系のパンプスを着用しましょう。


・気をつけたいマナー



平服でもいいと言いますが、

華美な服装は法要の場にふさわしくありませんのでパステルカラーや蛍光色、
派手な柄の衣類は避けるようにしてください。

またランニングシャツやノースリーブ、
キャミソールなど肌の露出が多い服もマナー違反です。

靴もサンダル、ミュールは黒系であっても

足先が出ること自体マナー違反となりますので止めましょう。




・小物類の基本で知っておきたい事



時計や指輪などの貴金属類、小物類を身につけている方も多いと思いますが、
七回忌の際は派手な小物類を避けます。

男性であれば金時計や宝飾品のついた時計、指輪などを避け、

女性はネックレスをするならパールかオニキスにします。


宝石のついた指輪は婚約指輪などでも
目立ってはマナー違反となりますので控えましょう。

また女性のアンクレットやブレスレットも着用を避け、
ピアスやイヤリングはパールかオニキスにします。

バッグやベルトも派手な目立つ色の装飾品がついてない黒にし、

金ボタンなどは避けてください。


・子供の服装について



子供も参列するという場合

学校の制服がある場合は制服を着て参列するのが一番無難です。


制服がない場合は、

黒のズボンかスカートに白のシャツ、
上着を羽織るときは黒や紺のぶれザーやカーディガンにしましょう。


靴下は黒に統一し、靴も黒にするのが望ましく、
子供の場合は派手に装飾品をつける必要はありません。

親族や遺族しか集まらない七回忌とはいえ法要には変わりありませんから、

厳かな気持ちで終えられるようマナーには十分注意してください。


 - 冠婚葬祭、マナー