暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

窓の工夫でやってみる真夏の暑さ対策

   

9a76e32d94998339adbc7e607130d037_s


ここ数年の真夏の暑さは尋常ではなく、
毎年のように最高気温を記録したり、熱中症で搬送される人も年々増えています。

これは温暖化の影響も大きいので、どうにかなるものでもありません。

ですので自分でしっかり対策を取らなくてはいけませんが、

クーラーの使いすぎは体によくありませんし、
かと言って
扇風機だけでは暑さを乗り切れません。


そんな耐え切れない真夏の暑さ対策には、窓を工夫してみましょう。






・暑さは窓から入ってくる



部屋が暑くなるのは日差しのせいですが、その日差しが入ってくるのが窓です。

あまり意識しないかもしれませんが、
部屋の熱の7割は窓から入ってきているので、

真夏の暑さ対策は冷房に頼るのではなく窓に工夫を凝らしましょう。


最近は、よしずやゴーヤや朝顔などを利用したグリーンカーテンなど、
天然のものを活かして日差しをカットするご家庭が増えています。

こういった天然素材のカーテンは、

単に日差しを遮るだけではなく、空気の温度も下げてくれるので、
部屋の暑さを改善することができます。


ただ、

アパートやマンションなどでは
グリーンカーテンなどを作るのは難しいでしょう。

そういった構造のお家なら、
カーテンを遮光のものにするだけでも暑さ対策になります。

要は直射日光が部屋に入ってくるので部屋の温度が上がってしまうため、
直射日光を遮る工夫をすれば暑さを軽減できるので、

まずは日差しに対して窓にできることをやってみましょう。




・窓を利用して清涼感アップ



家の中で暑さを感じるのは、気温が高いこともありますが、
空気が流れていないことも原因になります。

どんなに暑くても風が吹けば涼しさを感じるのと同じで、

家の中でも空気に流れがあればある程度は涼しくなるものです。


その流れを作るのが窓です。

風を通すには、全部の窓を開けるのはではなく、
風が入ってくる側の窓と反対側の窓の2箇所を開けるのがポイントです。


風が入る側の窓は大きく開けて、

風が抜ける方の窓は細めにしておくと、空気が流れていきます。


もしまったく無風という場合は、

2箇所の対角線上の窓を開けたら、
風が抜ける方の窓に向かって扇風機を回しましょう。

これだけでも風が通ってクーラーの効果を高めてくれます。


ただし、1日締め切っていた部屋の場合は、

エアコンを付ける前に全部の部屋の窓を開けて、
扇風機や換気扇を回して空気を入れ替えましょう。


◆まとめ



日中にこもった熱は天井に溜まるので、
扇風機は上に向けて窓から出すように回すと暑さも和らぎます。

最近は我慢できない暑さの日もありますが、

窓の使い方を工夫するだけでも体感温度は変わるので是非実践してみてください。


 - 暮らし・アイデア