暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

油の捨て方なんですがペットボトルを使用した場合ってどうなの?

   

00cf1a7507fdc38177340f8efd1d6384_s


油の捨て方に困っているという方は
意外と多いようですが、

ペットボトルを使った捨て方があるのをご存知でしょうか?


排水溝にそのまま捨てるのは当然いけないことですから、

ペットボトルを使って簡単に捨てる方法をこの機会に覚えておくといいでしょう。






・油を捨てるときはペットボトルをそのまま捨ててはいけない?



油を捨てるとき、
ペットボトルに移し変えてゴミの日に出すという方もいますが、

ペットボトルは本来であれば

リサイクルゴミに出すものですからあまりいい方法とは言えません。

ですが再利用されるのは綺麗なペットボトルであり
汚れたペットボトルは「燃やすゴミに分類」ともなっていたりします。


ちなみに市販されている食用油の入った容器の空は
リサイクルマークがついてないので

燃えるゴミ扱いになります。


洗剤が無いと綺麗にできないものや、

洗うのが大変な食用油の容器、シャンプー詰め替え用のパックなどは
燃えるゴミとして出して良くて、

廃油を捨てる時に使うペットボトルも

汚れたペットボトルとして燃えるゴミに出してもOKだということになります。


よくある油の捨て方として、

新聞紙や古雑誌、古い布に油を吸い取らせるというのは有効な方法ですから
ペットボトルを使う場合にも応用が可能だというわけです。


燃えるゴミにプラスチックやビニールって混じりますよね。
またプラゴミをわざわざ混ぜて償却することで

燃焼効率が上がりますからよく燃えるという効果もあります。




・ペットボトルに入れて廃品回収に出す



燃えるゴミの出すのがどうしても心苦しく感じる場合は、
最近増えているのが廃棄用食品油のリサイクル。

自治体で取り組んでいるところもあれば

スーパーや企業などが進んで取り組んでいる場合もあります。


自治体の場合は

役所や回収を委託されたスーパーなどに設置された回収ボックスに、
ペットボトルに入れた油を預けるだけです。

その回収された油はバイオディーゼル燃料などとして再利用され、

地球環境に優しい油の活用をします。


企業やスーパーなどで行う場合は
やはり回収ボックスがあるのでペットボトルに油を入れて持って行きます。

企業によっては持って行ったペットボトルの本数に応じて
石鹸などと交換してくれるところもあるようですし、

買取を行っている企業もあるようです。


回収された油は、

バイオディーゼル燃料だけではなく肥料や石鹸などにリサイクルされます。


・まとめ



油を入れるペットボトルは中をよく洗ってしっかり乾かし、
外のラベルははがしてから使いましょう。

ほとんどの自治体、企業が

多くの人が利用する500mlペットボトルで回収を行っています。


ペットボトルを使った油の捨て方は様々ですが、
最近は油を再利用しようという動きが自治体、企業にも広まっています。

普段私達は地球環境のことを考える機会はあまりないけれど、

子どもたちの未来につながるという観点から見れば、

廃品回収なども検討して見ることも地球環境を考えることに思えます。


油を捨てたい、でもどうすればいいのか分からないという方は、

ぜひ今一度油の捨て方について考えてみてください。


 - 暮らし・アイデア