暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

尿に痛みが伴う女性の場合で血が混じり下腹部が重く感じる時って?

   

4fc67fce6bf784357dd6b5ad94a51e75_s



下腹部の重い鈍痛・・それに血尿も出てきた。
女性の方でこういう症状に見舞われたら、すぐに急性膀胱炎を疑ってください。

急性膀胱炎は普通は起こりませんが、一定の条件が重なることによって発症します。


ここでは、急性膀胱炎の概要と特長、治療法などについて説明します。






・急性膀胱炎とは



急性膀胱炎は女性によく見られる病気で、

外陰部に潜む細菌が尿道を通じて体に入り込み、
膀胱で繁殖することによって起こります。

稀に男性にも起こることがありますが、

ほとんどが女性で、しかも年齢を問わずに罹ります。


通常は免疫システムがしっかり働いているので、
細菌が入っても発症しませんが、
いくつかの要因が重なることで免疫系が衰えたときに細菌が繁殖してしまいます。


その要因とは?

・長時間尿を我慢しすぎること
・冷え性になること
・風を引くなど体調不良になること
・疲労、ストレスが溜まること


です。


いずれも体力を奪う要素ばかりですが、

こうした要素が重なると
免疫システムが十分に働かず細菌の進入と繁殖を許してしまいます。


現れる症状としては冒頭に挙げた

下腹部痛
血尿


のほか。。。

強烈な尿臭
尿の濁り
お腹の違和感
張り
残尿感
頻尿
排尿通



などです。


女性でこうした症状が現れたら、一つ急性膀胱炎を疑ってみるといいでしょう。

ただし自己判断せずに、
必ず医療機関を受診して診てもらうようにしてください。


・急性膀胱炎の治療法



急性膀胱炎になったら、どうやって治療するのでしょうか?

まず泌尿器科を受診しますが、

そこで検査を行い、発症が確認されたら治療を行い、
その後再検査を行って、異常がなければ完治という流れになります。

検査は触診だけではなく、

尿検査、細菌培養検査、さらにはエコー(超音波検査)も必要に応じて行われます。


こうした検査によって細菌の繁殖を確認したり、
腎臓や膀胱に異常がないかどうかを確認することができます。

検査によって異常が見られたら、治療を行います。


急性膀胱炎の治療では、細菌を死滅させるために抗生物質の内服を行います。

服用期間は3日~5日間、注射する必要はありません。

回復期間は個人差がありますが、
通常は1日~2日程度、長くとも5日程度で症状がよくなっていきます。

抗生物質の内服によって症状がなくなったら、
再度検査を行い異常の有無を確認します。

異常がなければこれで治療終了ですが、

構成物資が効きづらく細菌が残っている場合は、
薬の種類を変えて再度内服を行います。

治療期間は、通常であれば、来院は初回と2回目だけですみます。


 - 健康 ,