暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

日焼けに効く 食べ物って一体なにがあるのだろう?

      2015/02/08

日焼け 効く 食べ物

夏になり、日焼け止めをうっかり忘れて日焼けしていませんか?

30代も超えると、
日焼けってなかなか治りませんよね。

黒くなるのって、一日荒れば十分なのに、
白くなるのって、その10倍?以上大変なこと。

できることなら赤ちゃんの肌に戻りたいところですが、
そんな夢のような話はありません。

肌を白くするためには、

化粧品等で美白シリーズのものがたくさんあります。

もちろん外からのケアも重要なんですけど、
表面的にだけ取り除くとしても、また同じ状態になりますから、

やはり内側から日焼けに効く食べ物などを摂取していかないといけません。



美白に効く食べ物を摂る事が大事

日焼けに効く食べ物としては美白効果(ビタミンC)のあるもの

野菜で言えば、

・ブロッコリー
・ピーマン
・ゴーヤ
・キヤベツ

果物で言えば

・レモン
・いちご
・アセロラ
・キーウイ
・グレープフルーツ
・柿


◆補足

美白効果(ビタミンCの効果)

・色素沈着を抑えてくれるもの
・メラニンの生成を抑えてくれる
・日焼けによるシミを予防してくれる

ビタミンCは確かに効きますが摂取の仕方も大事です

上記の身近な食べ物ですけど、
ビタミンCはその性質上体に留めておくことができません。

必要以上の余った分は外に出てしまうので、
一度にたくさん食べてもあまり意味が無いんです。

できるなら
時間をずらして朝、昼、夕方、夜といった感じで摂取します。

ビタミンCの主な供給源は、野菜と果物ですが、

加熱などにも弱いので
生で食べられる果物は、最適なビタミンC供給源になります。

飲み物で摂取するビタミンCについて

ビタミンが豊富な果物として有名なのが
アセロラ

アセロラジュースとか有名ですよね。

果物で取りにくい場合はジュースでも摂取は可能です。

コップ1杯(約200ml)で
1日分の天然ビタミンCが摂取できます。

ただ気をつけなくてはならないのが糖分のとりすぎです。

果物にしてもそうですけど、果糖がありますから
その果糖の吸収を抑えるため無糖ヨーグルトと一緒に食べると良いですよ。

まとめ

日焼けに効く食べものについて書いてきましたが、
やはり、即効性があるものってありません。

時間が経てば自然と肌は白くなりますが、
それも年齢とともに、徐々に遅くなります。

美白はどうしてもある程度長い期間が必要なものです。

食べ物を中心に見てきましたが、
まずは日焼けをこれ以上しないことも大切になってきます。

治そうとしているのにさらに日焼けするということは
それだけ治りが遅くなるということですもんね。

しかし、
日ごろの地道な努力は必ず成果というものがでますから、

気長にコツコツ摂取していきましょう。

 - 美容