暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

恵方巻きの食べ方なんですけど時間やルールってあるのでしょうか?

   

7964e0d3bca61c50b6c9b180a67348d7_s


恵方巻きをいただく文化というものは、
一昔まで関東エリアの方には見受けられなかったみたいですが、

ここ数年は節分の恒例行事として全国に「恵方巻き」が定着しました。


節分の日に、
その年の縁起が良い方位に面して「恵方巻き」を食べることで、

その一年は吉運を呼びこめるといわれています。


では。。。
その恵方巻きと言われる太巻き寿司は一体どのように食べたらいいのでしょう?


一般的に、ご利益があり、
正しいとされている食べ方のルールなどはあるのでしょうか?

また、食べる時間などもあるのでしょうか?






◆恵方巻きを食べる時のルール



①その年の恵方の方角に向く


食べる方角は毎年違っていまして
2016年の場合、方角は、丙(ひのえ)南南東になります。


②食べる巻き寿司なのですが、1本丸ごと使用します。


大きいからといって輪切りにしてはいけないのです。

なぜなら「切る」という行為は
縁を切るということに結びつくからよろしくないのです。


③目を閉じて、願いごとを頭に念じつつ無言で召し上がってください。


この時なんですが口に入れるタイミングでは余計なお喋りをしてはいけません、

喋らないで無言で食べます。
またお祈り(願い事)も他人には言いません。

どうして無言なのか?というと喋ると「運」がこぼれて逃げていくからです。


以上この3つが一般的に行われる恵方巻きの食べかたのルールです。


◆ルールは厳格に守るべきなのか?



一般的なルールというものは先程3つ述べました。

しかし、ルールだからといって厳格に守る必要はあるのでしょうか?


例えば。。。

醤油はつけていいの?
飲み物はお茶でいいの?
立つの座るの?
太巻き寿司じゃないとだめなの?
笑ってはダメなの?
食べきらないとダメなの?



もともと恵方巻きは特に由々しき由来があるものではなく民間伝承。

実際のところは皆が言うほど格式張った行事ではありません。


方角は「恵方」でとか
「切る」は縁起が良くないとかいろんな要素が合わさり成立したルールです。

基本的な3つのルールを抑えておけば、
醤油でもお茶でも、立って食べても座って食べてもOK。

また太巻でなくとも恵方巻きロールとかでも問題はないのです。

なんで太巻きなのかというと、

七福神に関連して7という数字が縁起が良いということで
具材を7つ入れた食べ物。。。

それなら太巻きが都合が良いし、

あとは海苔を売りたい海苔屋さんの意向もありまして太巻きになりました。


無言で食べるというのもですね。

お祈りしている間の、だいたい一口二口くらいでしょうか?

その間は喋らず無口で食べて、
あとの残りはみんなで楽しく笑いながら食べきればOKです。


必ず太巻き1本まるごとを完食しなければ駄目なのだという事でもないです




◆恵方巻きを時間はいつなのか?



さて、あとは食べる時間帯についてですけど、

日にちについては
節分の2月3日になりますが、その日のいつならいいの?

ということですけど、基本いつでも問題ありません。


節分で豆まきするなら家族揃ってからですから、
そうなると夜になります。

晩ごはんとして食べたり、また豆まき後に食べてみたりとか。


ひとり暮らしなら自分の都合の良い時間になります。

学校とかですとやはりお昼時になりますよね。


このように恵方巻き食べる時間というものは人それぞれです。


◆まとめ



恵方巻きの食べ方は基本的には

①方角
②まるごと1本
③お祈りの間の一口は無言


節分は一年の季節の節目の縁起の良い日なので、
そのような日を、みんなで楽しく過ごせたら細かい事はよしですよね。


 - 季節の行事