暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

夏バテの症状で熱はでるんだろうか?体がだるく、食欲もないし。。。

   

390008


夏バテと聞くと普通どんな症状を思い浮かべますか?


食欲がなくなったり、
体がだるくなったりという症状をイメージする人が多いのですが、

実は熱が出ることもあるんです。


それは夏バテは関係なく風邪をひいただけなんじゃ。。。
と思う人もいるかもしれませんが、

実際に夏バテの症状の1つに発熱はあるんです。


じゃあその原因はなんなのか?これがわかれば対処法も見えてきます。






◆夏バテによる発熱の正体



風邪をひいて熱が出る場合は、
体が体内に侵入してきたウイルスをやっつけるために熱を出します。

体温を上げてウイルスを攻撃しているようなイメージです。


でも夏バテの場合は、
ウイルスに感染しているわけでもないのに熱が出るちょっと不思議な状態です。

夏バテによる発熱の原因、それは水分の不足が関係しています。


人間の体は汗をかくことで体温を調節していて、
汗が蒸発する時に体の熱も一緒に放出されている仕組みです。

汗というのは体内にある水分なので、
十分な量の水分がないと汗をかくこと自体ができなくなります。


汗がかけない。。。

つまり、体温調節ができないことになりますので、

いつまでも体から熱を放出できないまま、
どんどん体温が上がっていってしまい、

やがて風邪で熱が出た時と同じような症状を感じてしまいます。

これが夏バテによる発熱の正体なんですね。


特に小さなお子さんは、
水分不足になりやすいので大人よりも子供に多い症状であるといえます。




◆発熱がる場合の対処法



発熱が水分不足によるものなら対処法も自然と決まってきます。


足りない水分を補ってあげればいいのです。

こまめな水分補給をすれば、
発熱を予防できるし症状を抑えることもできるわけです。

よく夏は水分補給が大切だと言いますが、

まさにその通りで、
汗をよくかく季節は、とにかく頻繁に水分を補給して、
体内の水分量をキープしないとダメなんです。


◆水分補給で飲むものってなにがいいの?



水分補給で飲むものは普通の水でもかまいませんが、
スポーツドリンクだとさらに理想的です。

塩分など必要な成分が入っていて、
しかも体内に吸収されやすい性質を持っているので、

外で活動する時なんかはスポーツドリンクを用意しておくようにしましょう。

また、1度にたくさん飲むんじゃなく少しずつこまめに飲むように意識します。

暑い時期はキンキンに冷えている方が美味しく感じますが、
少しぬるめの方が内蔵への負担も少なくておすすめです。


◆最後に



夏バテによる発熱は高熱が出ることは少なく、
いわゆる微熱の状態が長く続くのが特徴です。

微熱とはいえ、それがずっと続くのは体にも負担になりますしなにより面倒です。


夏バテになってからでは遅いので、

夏バテにならないよう栄養バランスに気をつけて食事をし、
睡眠時間をしっかりとって、
体力を回復させることも大きなポイントになるでしょう。


 - 健康 , ,