暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

ディズニーランドの暑さ対策ってどうすればいいのだろうか?

   

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s



ディズニーランドと言ったら、子供だけに限らず、
大人においても高い人気を誇る国内で1番人気のアミューズメントパークです。

どんなに暑い真夏であろうとも行こうと思ってしまう場所でもあります。


しかしながら、

ディズニーランドのアトラクションは順番待ちが半端ないですよね。
高い人気を誇るアトラクションだと土日祝以外だろうとも1から2時間待ちです。

それが、休みの日となると3時間待ちという状態も珍しくはないのです。


日差しの強いなか何時間も座ることができない状況ですと、熱中症も心配。

並ぶだけで疲れるのにさらに暑さによって疲れてしまったら、
せっかくのディズニーランドも思ったように楽しむこともできません。

そういうわけで、夏場の暑い日にディズニーランドに出かけるのであれば、
事前にバッチリ暑さ対策を用意しておくことが大切です。






◆ディズニーランドでの暑さ対策って?



・日傘はどうなのか?


暑さ対策でなくてはならないアイテムとして日傘はどうなのか?


近頃では日傘をさす人が増加傾向にあります。

しかし。。。

テーマパークなどでは日傘をさした状態で順番待ちに並んだりするのは、
特に前の人に対して迷惑が生じたりして不快にさせてしまう可能性があります。

身長差があると気づきにくいものです。
前の人の首元にガンガン傘の尖った部分が当たりますから。。。

ですから日傘は誰もいないような場所での休憩用にしましょう。


・並ぶ際や移動する際の暑さ対策


並ぶ際や移動する際は帽子や頭からかぶるタオルで陽射しを和らげましょう。
この頭からかぶるタオルですと首元の日焼け防止にも役立ちます。

これは園内でも売っています。


日焼けという言葉が出ましたが、この日焼けにおいても意識を向けましょう。

そのために日焼け止めも絶対必要です。

できれば手早く塗れて手直しも簡単にできる、
スプレータイプの日焼け止めがベターですね。


また意外とバカにできないのがうちわや扇子です。

首から掛けられるミニ扇風機でもよいですよね。
園内でも売っています。

種類にもよりますが霧吹き状に水がでて気化熱で冷やしてもくれます。


あとはひんやりタオルですね、首に巻いたりして使うだけでも随分違います。
水はあちこちありますからね。こまめに濡らして使いましょう。





・水分補給


あと大事なのは水分補給です。

ディズニーランド内には基本的には持ち込みは禁止?

お弁当はダメと明記されています。
ですがペットボトルや水筒までは言及されていません。

しかし、私の知っている人は持ち込みの飲み物で注意されたそうです。
でも水筒はよっぽど大丈夫です。

飲み物は園内でも売っているので、
水分補給をしっかりしながら周るようにしましょう。


・暑さをしのぐための遊び方


なんといってもディズニーリゾートは広大な面積です。
さらにアトラクションやイベントの数も季節によって様々あります。

そんなたくさんある中で、あれもこれもと欲張ると大変です。
暑い中、気まぐれにあっちこっちと移動しても体力を奪われるだけです。

ですから前もって優先順位を考えておきましょう。

自分が乗りたいアトラクションで人気がるならば、
たいていファストパスがあります。

ですから絶対乗りたいアトラクションを決め、
ファストパスを獲得して合理的に移動しましょう。


◆最後に



さて、計画するのは何もアトラクションだけではありません。

きちんと水分を補給し、
休憩できるように涼める場所を事前に調べておきましょう。

例えば。。。。

・アドベンチャーランドの橋
・トゥモローランドのサーキット近く
・クイーン・オブ・ハートのバンケットホール前
・トゥーンタウンの花火工場付近

などにあるクールスポットを利用しましょう。


カフェやレストランなども休憩するのには大事です。

また、なるべく待ち時間が少ない屋内のアトラクションがオススメです。
というのもクーラーが効いていて涼しいので、かなり気分が良くなります。


ぜひ合間合間に乗ることをオススメします。



 - イベント ,