暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

猫のためにエアコン はいつから付けるべき?設定温度は何度?

   



夏時期になると、気温が上がり熱中症などに注意する必要があります。
しかし、それは人間だけではありません。

猫でも暑い時期になれば体力を消耗しやすくなり、
バテてしまい体調不良などを起こす可能性がでてきます。

そのため、気温が上昇しかなりの暑さになったら、
室温を調整するためにエアコンを稼動させることが大切です。


そこで猫のためにエアコンはいつから付けるべきなのか?

設定温度は何度くらいがよいのだろうか?






◆エアコンはいつから付けるべき?



いつからエアコンを稼動させるかについてですが、
外気温が30℃を超えてくるようになったら稼動させるようにしましょう。

猫は家に一日中いますよね。
ということはエアコンを稼働させる時間は一日中つけっぱなしになります。

そうなると。。。

猫のためにエアコンを使うと電気代がかなりかかってしまうと思いがちです。


しかし、エアコンは付けたり消したりするよりも、
つけたままのほうが電気代は安く済みます。

また、猫が暑さのために体調不良や病気になってしまうと、
逆に動物病院での治療費のほうが高くついてしまうこともあります。

保険とか入っていない場合は結構かかります。


そのような点から、ある程度気温が高くなり暑い時期になったら、
エアコンを稼動させて、室温を調整するように心がけましょう。




◆設定温度は何度くらいがよいのだろうか?



室温は28℃前後で調整しておきましょう。


どうして28℃なのか?



もともと猫は暑い国の生き物です。
そのため寒さは苦手となります。

ですから室温を下げすぎてしまっても、
逆に寒さで体調不良を起こしてしまう可能性があります。

また、室温を上げすぎてしまうと外気温とさほど変わらない状態になります。
これでは意味がありません。

外気温よりも少し下げておき、
人と猫が過ごせる範囲の温度で調整しておくといいでしょう。


ただし、人でも同じことがいえますが、個人差というものがあります。
猫の様子を見ながら室温を調整してみるというのも有効な手段です。

基本として28℃で様子を見ながら、
猫がまだ暑がるようなそぶりやバテているような状態なら、
少し温度調整をしてみることも大切です。



◆最後に



飼い主としてしっかりとペットの様子は常にチェックしておくようにしましょう。


猫は自分で言葉をしゃべるわけではないため、
普段の行動やしぐさなどにより体調がいいのか悪いのかを飼い主がある程度、
判断する必要があります。

特に気温が高い、低いなどの気温差が激しい時期では、
体調を崩す可能性が高くなります。

かわいがっている猫がバテてしまう姿をみるのはつらいですよね。

そのため、しっかりと体調管理を怠らないように、
日頃から様子をみておくことが大切です。


 - 健康 , ,