暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

お彼岸といえば「ぼたもち」なんですけど、一体なぜ?

      2015/02/08

お彼岸 ぼたもち なぜ

夏が過ぎ、涼しくなる季節。

暑さ寒さも 彼岸までという言葉もあるくらいですから、

「お彼岸」という文字をあちらこちで見かけるようになります。

「お彼岸」と聞いてもいまいちわからない・・・。

ですけど、
お店で見かける「お彼岸フェア」など覗いてみると、

そこには「ぼたもち」が並んでいたりします。

なぜ?お彼岸には、「ぼたもち」何でしょう?



そもそもお彼岸ってなんですか?

お彼岸とは、
秋分の日を真ん中に前後3日間をあわせた期間です。

その秋分の日を中日(ちゅうにち)といい、
お墓参りに出かける人が大勢います。

お参りすることで、
亡くなった人をしのぶ日がお彼岸なんです。

「ぼたもち」は、お彼岸にお供えするものとして用いられています。

お彼岸といえば、なぜ?「ぼたもち」?

お供え物を売っている青果店とかで品物を見ると
結構高価な果物だったりしますよね。

昔は甘いものが貴重だったため、「ぼたもち」=ご馳走

ご馳走であるので、
お客さんをお迎えしたり、お祝い事などの時に振る舞ったりしてました。

同様にお供え物としても「ぼたもち」は使われていたんです。

だから、お彼岸のお供えも
「ぼたもち」を備える習慣が残っているというわけなんです。

◆補足

「ぼたもち」に使われている、
おもちは穀物が豊かに実り育つという意味合いがあり、
小豆は「魔除け」とも言われています。


お彼岸には、ぼたもち?おはぎ?どっち?

お彼岸にお供えするお餅なんですけど、

「ぼたもち」なのか?
「おはぎ」なのか?

「ぼたもち」と「おはぎ」は同じなんです。

呼び方が違っていたり、加工方法が少し違うだけで
基本的には同じ物

春にはボタンが咲きます。
そこから「ぼたもち」(牡丹餅)といわれ、

秋には萩ですから、「おはぎ」(御萩)といいます。

「おはぎ」に「つぶあん」というのは、
あずきの収穫が秋のため、新鮮ですから皮ごと使って作るから。

「ぼたもち」に「こしあん」というのは、
春先になるとあずきの皮は硬くなりますから、

皮をとって「こしあん」にしていたからだそうです。

お彼岸の「ぼたもち」 レシピの紹介

子どもと一緒に作る「ぼたもち」もよいものですよね。

作って楽しいし、食べて美味しいし
お彼岸には、おはぎ、ぼたもちがよいですね。

◆材料

・もち米 3分の2
・普通の米  3分の1
(普通のお米を入れると、冷めてもお餅みたいに硬くなりません)

もち米とお米を合わせると、ちょうど1号になるようにします。

お好みで市販の「粒あん」「こしあん」「きなこ」


◆作り方

・コメを洗って30分くらい水に浸しておく

・通常の水加減で炊飯器にセット

・炊けたら混ぜて、熱いうちに水で濡らしたすりこぎで軽くつぶす

・冷めないうちに分けて、つぶあん等で包みます


 - 季節の行事