暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

新婚で初めてのお歳暮|実家には贈るべきなんだろうか?

      2015/02/08

新婚 お歳暮 実家

結婚をすると何かと初めての出来事が多く不安に感じます。

新婚となると
今後のお付き合いとかも考えちゃうしね。

習慣や習わし常識について、
「ちゃんと知ってるんだ」と思われたくもあります。

そこで今回取り上げるのは「お歳暮」

お歳暮は実家に送るべきなのか?

考えだすと、迷ってしましますよね。

お歳暮やお中元て、お世話になった人に贈るものと聞いて
実家に出すのは常識なのかな?とか考えちゃったりしませんか?



両親へは必要なんだろうか?お歳暮の本来の意味って?

もともとは、先祖へのお供え物を
実家(本家)を出た人達が正月を迎えるにあたって
本家にそのお供え物を持ちよったことから始まります。

先祖に感謝するという意味あいがあることで、
後々になり日頃からお世話になった人達に贈るという習慣に変わりました。

親へのお歳暮は必要なのか?という観点でみてみると。。。

お供え物を本家に持ち寄ったということでは、
両親に贈るということは間違ってはいないと思います。

「一年無事に過ごせました」という感じなんでしょうね。

お歳暮を贈る 相手は一般的に誰なんでしょう?

一般的に、贈る相手は自分と同じか
もしくは目上の人に贈るといわれています。

あくまで一般的な話で、
そううしなければならないというわけではありません。

具体的に見ていくと
両親、親戚、先生、上司、取引先、先輩といった感じです。

一年間お世話になった人への感謝という意味で見ていくと
なんとなくそうかなと理解できますよね。

最近では、会社関係は禁止するというところあり、

傾向としては、
個人的にお世話になった人に感謝という考え方が増えてきています。


やはり結婚したら親にお歳暮は贈るべき?

結婚することで、これから長い付き合いになる両親。

やはり最初が肝心?ということで
両親に贈るべきかどうかって悩みますよね。

子供が生まれてお祝いしてもらったり、
近くに住んでいて、何かとお世話になっている人もいると思います。

それに、このような習慣は地域によって考え方も違います。

◆みんなはどうしているのか?

贈る人、贈らない人は半分半分といった感じです。

贈る人についての意見は
「お世話になっているし、これからのことも考えて」

という意見が多いです。

では逆に、贈らない人は?

「お歳暮とかお中元って改まってするような間柄でもない」

この意見については、
きちんと両親とお話をされているケースがほんとんど。

義理の両親ならば、夫にちゃんと聞いてもらうとか、
話を夫に切り出してもらっているみたいですよ。

贈らない人達に共通していていることがもう一つあります。

それは「お歳暮」という形にとらわれていない

どういうことか?

「感謝の贈り物」として贈ったりしている人が多いんです。

あとは、父の日、母の日、誕生日などや
旅行に出かけた時に、おみやげを買ってきて渡すとか。

「お中元」「お歳暮」という形にこだわらない贈り物をするんだそうです。

そのほうが、お互いに気を使わなくて済みますからね。

ちゃんと習慣にならって行うことも大事ですけど、
基本的には、やっぱり「気持ちの問題」が大きいんですね。

 - 季節の行事