暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

ランドセル 選びのポイント|何を基準にすればいいの?

   

ランドセル 選び ポイント

来年、小学校に入学する子供のために必要なもの。
それは、ランドセル。

ということでランドセルを買おうと見に行くと、
最近のランドセルってカラフルで種類も多くて目がぐるぐるしますよね。

どれがよいのやら。。。さっぱりわからずなんてことに。

ランドセルを選び方のポイントや基準てなんでしょう?

6年間も使うものですから、いろいろ考えちゃいますよね。

初めてのランドセルって、なやみます。



最近のランドセルの耐久性はどんな感じ?

6円間学校に通うとなりますと
登校は、雨の日・雪の日・嵐の日・・と過酷ですよね。

それに合わせてなのか、

最近のランドセエルの耐久性に関しては、
かなり上部に作られているとのこと。

近所の6年生のママさんに聞くと、

その子は男の子なんですけど、
さすがに「綺麗です」という状態ではありませんけど、

型くずれすること無く、機能的にも劣化することもなく使えているとのこと。

(男の子ですから傷はあるみたいですけど)

感想としては「意外と壊れない」

やはり今のランドセルはしっかりとしていて丈夫で長持ちなんですね。

ランドセルのメーカー保証って必要?

ランドセルには、
メーカーさんとかの保証というものがついています。

大体どのメーカーさんでもついていて、
6年間メーカーが保証してくれるものが多いです。

基本的に
保証内容というのは、

6年間使ううちに故障したりすることを考えての故障保証や修理保証

でね、さっき「耐久性」について書いたんですけど、

最近のランドセルは結構丈夫に作られていますから、
余程のことが無い限り大丈夫何では無いでしょうか?

その男の子のママさんも保証なんて使ったことがないそうです。

保証に関しては、あるに越したことはないという感じでしょうかね。

ランドセルの色やデザインについては、どうする?

◆色に関して

ランドセルの色に関しては、最近はホントにいろんな色があります。
ホントにこんな色背負ってる子いるのかなぁ・・・。

なんてくらい、ちょっとびっくりしますよ。

まずランドセルの色に関してですけど、

最初は、
子ども自身が可愛い色やカッコイイ?色を選んだりします。

いざ入学すると、やはり最初のうちは
「あの子は何色」「私は何色」みたいな感じですけ、

しばらくすると、
そういったランドセルの色への感心はなくなるそうです。

しかも高学年になると、「普通の赤がいい」とか言う子もいます。

さすがに6年間ありますから、好みも変わりますよね。

・オーソドックな色

男の子は黒・紺
女の子は赤・紅・赤に近いピンク


◆デザインに関して

デザインに関しても色同様、いろんなものがあります。
形的には同じであっても、粧飾が違ってきます。

装飾に関していろいろですけど、

子供が友達と違っていることを気にしちゃうタイプなら
量産タイプというかみんなと同じような色、デザインのほうがおすすめです。

<注意点>

形も横長タイプとかありますけど、
学校によって、ランドセルカバーが配られたりしますけど、

その形が従来の規格のものですから、横長は付けられないです。


デザインとうか粧飾ですかね?
キャラクターものには注意が必要です。

子供は欲しいというかもしれませんが、
やはり高学年になると抵抗があるようです(自分で選んだのに)

色と同じで飽きちゃうんでしょうね。

ランドセルの値段について

ランドセル質や素材に関して、
お値段はずいぶんかわってきますよね。

本皮と合皮ではずいぶん違います。

あと、ブランドものですとまた付加価値がついてきます。

高いお値段のランドセルよりは、お手頃価格で十分だと思います。

なぜか?

高学年になったらランドセルを使わない子もいます。

その代わりに
手提げバッグみたいなので通学したりします。

それと、どうしても扱いかたは、子供ですから雑です。

革製品より、合皮の方があきらかに丈夫で型くずれしません。

ですから値段は平均てきな値段でよいと思います。

<注意>

おじいちゃん、おばあぁちゃんは
特に高いものを薦める傾向があります。

気持ちはとても嬉しいのですけど、
そのぶん他の文房具にとかにまわしてもらいましょう。

まとめ

ランドセルの選び方のまとめ

耐久性・・・ほぼどのメーカーも丈夫
保証・・・ほぼどのメーカーもついてるし、あまり使わない
色やデザイン・・・高学年にむけて量産タイプがおすすめ
値段・・・平均的な値段が妥当


結局ランドセルの選び方で一番気にするポイント

「軽さ」だとおもいます。

毎日、重い教科書を背中に背負うわけですから、
ランドセル自体の軽さでずいぶん変わってきますよ。

通販のほうが安いんですけど、
できれば店舗で店員さんに聞いて、

子供に背負わせて、「軽い」ランドセルを選んであげてくだい。

もちろん子供の意見が最優先ですけどね。

 - 子供