暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

羽毛布団を自宅の洗濯機で洗う方法|クリーニング代をうかしたい!!

      2015/02/08

羽毛布団 洗濯 自宅

最近では冬だけでなく、夏にも薄い羽毛布団を使う人も増えてきています。
羽毛布団は、万能性があって何かと重宝しますよね。

そんな重宝する羽毛布団、
毎日使うことで汚れやホコリが蓄積していませんか?

年に頻度としては2から3回は洗いたいところですが。。。

クリーニングに羽毛布団を出すとなると、
セール、キャンペーンを除きクリーニング代って高いですよね。

冬用のものですと、掛け布団で4000円くらいはします。

今の羽毛布団てけっこうお値打ち品もあるので、
何回か出すくらいなら、買い替え?たほうが。。。なんておもうくらい。

そこで、

クリーニング代をうかすために自宅で洗濯機であらうことはできるのか?



羽毛布団を家の洗濯機で洗う方法とは?

羽毛布団を家の洗濯機で洗うには、
私の場合ですけど少し条件があります。

それは、高価な羽毛布団は洗わない。
さすがに、それはクリーニングに出したほうが良いと思います。

あとは、洗えると書いてある羽毛布団であること。

もうひとつはキルティング加工がしてあること。
(板チョコみたいに区切られていればOK)

私の場合比較的安い羽毛布団だったので、自宅の洗濯機で洗うことにしました。

自宅の洗濯機ですが、

ダブルとか厚めの羽毛布団の場合、
目安としては洗濯機の中に入ってしまえば洗えると思います。

洗濯機への入れ方なんですけど、
洗濯ネットにいれるため、縦長にしてからくるくる巻きます。

その際に空気を抜きながら丸めます。

次に洗濯機で洗います。

このままでも洗えるんですけど、

布団が膨らんで水が入って行かない場合は、先に水を染み込ませるとうまくいきます。

<やり方>

水に液体洗剤を溶かし、
羽毛布団の中まで浸み込むように少し押して洗濯水を含ませる


で、洗濯のモードは布団洗いモードで洗います。

<注意点>
柔軟剤は入れないほうが良いです。
羽毛本来のふわふわ感が損なわれる可能性がありますから。


洗い終わったら、すすぎ>脱水になります。

脱水なんですけど、
あんまり激しく脱水すると中の羽が傷みやすいので、

3~5分くらいでよいと思います。

で最後に乾燥です。

乾燥は乾燥機にはかけません。

天日干しがおすすめです。
もし乾燥機が良いならばコインランドリーなどで

大型の乾燥機で行ってください。

自宅の場合、布団を広げることが不可能なので上手く乾燥しないんです。

天日干しも、放置するのではなく、
たまに布団の中の羽をほぐしたほうが良いです。

羽毛が固まったままだと乾ききらず、カビや臭いの発生原因ともなります。

で裏返しにしてまた同じ事を行います。

この行為を2~3回行います。

完全に羽がほぐせたなら、

乾いたかなぁという時点で、完全に羽がほぐせたなら、
乾燥機に入るなら乾燥機に入れて乾燥させるとさらにふっくらします。

もしくは布団乾燥機をかけることでも同様にふっくらしますよ。

まとめ

やってみると意外に簡単にできて、気持ち良いですよ。

うまくいくことで、
クリーニング代がうきますから嬉しいですよね。

ただ、高価な羽毛布団はプロに任せましょう。
買い替えでもいいやと思うくらいの気持ちで行うのがいいですよ。

 - 暮らし・アイデア