暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

銀杏 拾いをした後の処理方法について|臭いけど我慢です

      2014/10/28

朝晩が寒くなるくらいに秋が深まる頃。。。
イチョウの葉っぱも色づき始め、

イチョウの樹の下には多くの銀杏が転がっています。

秋の楽しみでもある銀杏拾いをした後なんですけど、
ギンナンを取り出す作業が大変ですよね。

その処理方法ってどうしてますか?



銀杏を収穫した後の処理について

銀杏は、美味しいんですけど食べるまでがちと大変。

◆用意するもの

・ゴム手袋
・バケツ
・ざる


ゴム手袋をする理由は、銀杏て直接触るとかぶれるからです。

ビニールに入れた銀杏を、まず足で軽く踏みます。

果肉を柔らかくすることで、
種と分離しやすくするためです。

で、バケツに水を張りその中に銀杏を入れます。

ゴム手袋をして、実と果実を分離させます。

 

その後良く洗います。

臭いは完璧に無くなることはありませんが、洗うことでかなりましになります。

分離して種だけになった銀杏を、ざるに入れて干します。
2~3日で売っている状態の銀杏になりますよ。

ここまでくれば、臭いもほとんど気になりません。

収穫した銀杏の処理方法は他にもあります。

・土に埋める方法
・しばらく水につけて置き実を柔らかくする方法

私の場合は、
とにかく臭いのを放置したくないので、
家に持ち帰ったらすぐに種を取り出してしまいます。

参考動画



銀杏の臭いを消す方法ってあるのか?

銀杏の臭いを消す方法って。。。やっぱりない。

どうやってもあの臭いは、そのままです。

実をなくすしか方法は、ありません。

種だけでも若干臭いますけど、実に比べたら全然大丈夫です。

あと料理に入れて食べる時の注意ですけど、
銀杏は絶対に炒ってから使うか、茹でてから使ったほうが臭いはありません。

銀杏を処理した後に保存する方法

採ってきた銀杏ですけど、
乾燥した銀杏はできるだけ早くたべた方が美味しいです。

古くなると、色合いもエメラルドグリーンじゃなくなりますし、

殻のまま長い日数置いておくと、中の実がしぼんできます。

食べきれないくらいの量を採ってきたなら、冷凍保存しましょう。

殻付きのままの冷凍してもよいですが、
塩茹でしたほうが、茶碗蒸しとかにすぐに入れられて便利ですよ


◆塩茹で方法

銀杏の殻を割り中身を取り出します。

私の場合ペンチを使います。
ペンチにある穴以上は割れないので便利です。

penti2

鍋に水を入れて煮立てて、塩適量と銀杏を入れます。
水の量は銀杏が埋まるくらいの深さです。

おたまの背で転がすと、薄皮も綺麗に取れますよ。

で冷やした後に、ジップロックに入れて冷凍保存します。

それでも半年がいいところなので、半年で食べきれる量を採りましょう。

<銀杏関連記事>

銀杏の食べ方 電子レンジで簡単に美味しくできますよ!!
銀杏の栄養と中毒について|食べる量ってどれくらいならいいの?

 - 暮らし・アイデア