暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

クリスマスリースを手作りで子どもと一緒に思いで作り

      2015/02/08

クリスマスリース手作り子ども



街中がクリスマスになるとデコレーションや電飾がキラキラ輝き
心がウキウキしてきます。

そんななか買い物などしていると目につくのがクリスマスリース
玄関先に飾ることでクリスマスムードもより楽しめる気がします。


さらに楽しむために、
クリスマスリースを子供と一緒に手作りしてみては?


きっと良い思い出づくりになると思います。







クリスマスリースを手作りするための材料




クリスマスリースを手作りするための材料


材料なんですけど、ほぼ100均やセリアで揃います。


◆土台

ナチュラルな木の素材でできたもの。


◆リボン

クリスマスカラーといえば、赤・緑・白。



◆クリスマスの飾り

例えば、金のボールとかサンタ。
ステッキアメ、星、フサフサ、ベルなど。

クリスマスツリーに飾るようなもの。


◆グルーガン

これも100均にあります。


手芸用ボンドや針金でも全然できますけど、
グルーガンがあったほうが簡単手早く綺麗に仕上がります。


◆針金

リースの土台によりますが、つるなどでできている場合
針金を使用して止めることもできます。

クリスマスツリーの飾り付けと同じ感覚です。



◆落ち葉


拾ってきても十分使えます。

赤い実のような物の周りに緑の葉っぱがついたものが
クリスマスにはよく飾ってあります。

あれは柊とその実になります。


造花でもあります。


◆まつぼっくり


拾ってきてもよいですけど、虫がいるかもしれないので注意。


水につけて置くと虫が出て来ますから、
その後乾燥させて使ってください。


金や銀のスプレーで着色するときれいですよ。


こちらも造花もあります。



クリスマスリースの作り方の参考動画








クリスマスリースの作り方のポイント




ポイントやメインになる部分は
グルーガンで留めたほうが基準を作りやすいです。

葉っぱなどの飾りはリースベースに挿し込み、
全体のバランスをみながら位置を決めると良いです。

後から微調整しやすくて良いですよ。



参考画像から似たような感じのものを探してみて、
それをお手本にすると作りやすいと思います。


参考画像はこちら>>>





まとめ





子供と一緒に作るというので、材料を拾いに外に出かけます。
この時点から、これが意外に楽しかったりするんです。

「これも!!これも!!」とかいって
落ち葉や木の実などを拾っている時間も

すでにクリスマスリース作りだとおもいます。


楽しいので、みんなニコニコしているのもなんだか微笑ましい光景ですよ。


失敗してもいいから、親子で何かを作るという経験は
子供だけでなく親にとっても嬉しい事です。

<関連記事>

クリスマスリースの意味ってなんだろう?色にも由来のがあるの?
クリスマスプレゼントって彼女に何を選べば良いのだろう?
クリスマスプレゼントに子供の腕時計なんてどうなんでしょう?
クリスマスカードのメッセージで夫に感謝を伝えたい

 - 季節の行事