暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

子供に安全な暖房器具|遠赤外線 パネルヒーターとの比較

      2015/02/08

子供安全 暖房器具

小さい子供がいる場合に冬の暖房器具なんですけど、
心配ですよね。

ちょこまか部屋のあちこちを移動して、
なんにでも興味を示すので、手で触ったりすると大変です。

暖房器具として安全性が高いものをチョイスしたいところ。

安全性の高い暖房器具にはどんなものがあるのでしょう?



子供に安全な暖房器具って?

◆エアコン

エアコンはまず安全性の面では高いと思います。

火を使う暖房器具で例えば、石油ストーブがあります。
設置が当然床になり、ハイハイする赤ちゃんにとっては危険。

設置場所や温度の高さから見ても、エアコンは子供にとっても安全と言えます。

デメリットとしては、

・空気の乾燥

エアコンは、加湿機能がついていない場合空気が乾燥しやすく
湿度が40%以下ですとウィルスなどが活性化します。

・ハウスダスト

エアコンは温めた空気を風で送ります。
そのため部屋は全体的に暖まり安いのですが、埃が舞ます。

アレルギーとかある場合には難ありです。

◆こたつ

こたつも暖房器具としては安全性が高いです。

こたつの場合ランニングコストが安く、設置も簡単。
温まり方も火を使わないので、たとえ触れたとしても火傷の心配はありません。

デメリットとしては場所をとる

こたつはリビングの場所を大きく占拠しますので邪魔になります。
また、こたつ布団は意外に埃をまき散らしてくれます。

あとは暖房効果の面で言うと、ランニングコストが低い分
こたつの中しか暖かくならないのが残念なところ。

子供はあちこち歩いたりハイハイしたりしますから、
子供にとっての暖房効果は低いと思います。

◆ホットカーペット

ホットカーペットも安全性は高い暖房器具です。

使用面積も広く床暖房とまではいきませんが、
広範囲で床が暖かいです。

しかも、カーペットですから邪魔にはなりません。

埃も舞いませんし、もちろん触っても大丈夫。

デメリットは、
こたつよりも暖房範囲が広いくらいで部屋全体は温まりません。

寒くなり始めと暖かくなる直前などにはカーペットでも
十分寒さ対応できますが、本格的な寒さには少々難ありと感じます。

◆床暖房

床暖房はかなり暖かく、空気の乾燥もありません。
部屋全体も暖めることができます。

部屋のどこにいても、暖かいですからとても快適な暖房器具です。

埃も舞いません。

デメリットとしては、設置コストとランニングコストが非常に高い。

家具を置いてる場合でも関係なくその下にも暖房効果があり、
なんだか無駄遣いしてる気がしてなりません。

◆遠赤外線パネルヒーター

パネルヒーターは設置場所は石油ストーブ系と同じですけど、
触っても火傷することはありません。

しかし、上部はそこそこ熱くなるので
なるべくなら触らないようにしたいものです。

暖かさは、窓に日差しが差した時とよく似ています。

電源をつけておくと、部屋がほんのり暖かいです。

遠赤外線ですから、体感温度は高いと思います。

埃も舞いません。

デメリットは、広い部屋ですと部屋全体は温まりにくいです。

ホットカーペット同様に寒くなりはじめた頃や暖かくなる前なら
パネルヒーター一つで20畳以上でも十分対応可能です。

ただ真冬となると小さい部屋くらいなら大丈夫かな?というかんじです。

 

>>>楽天パネルヒーター 遠赤外線特集はこちら

まとめ

安全性の高い暖房器具を表にまとめてみました。

冬暖房器具比較

こうして見ると床暖房が一番良い感じがします。
しかし、コストの面も結構大事ですよね。

もとからついてるならまだしも、後付となると結構値が張りますし、
賃貸ですとそういうわけにもいきません。

真冬意外ですと、ホットカーペットかパネルヒーターで良いと思います。

真冬は最初にエアコンで部屋全体を暖めたあと、
パネルヒーターで維持するといった具合に、

エアコンとの併用がコスパ的にもいいんじゃないかと思います。

 - 子供