暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

正月飾りは、いつまで飾って置くものなのでしょう?その処分方法は?

      2015/02/08

正月飾り いつまで


お正月に玄関などに飾っていた「しめ飾り」なんですけど、
あれっていつまで飾って置くんでしょうね?

まさか。。。そのままっていうことはないですよね?



正月飾りは、いつまでの間飾るのが正式なのか?

また、はずしたお飾りはどのようにするのが正しいのか?



そんな疑問にお応えします。







◆正月の「しめ飾り」はいつまで飾って置くものなんでしょう?




お正月に飾っていた「しめ飾り」

いつまで飾るかは、一般的には「松の内」と言われています。


・松の内って?

松の内とは、お正月の「松飾り」を飾る期間のこと。



この「松の内」の期間は地域によって微妙に違うんです。


「1月1日~1月7日」
「1月1日~1月15日」



一般的にはこの2つの期間となっています。


じゃぁどっちなの?ということになりますよね。

それが地域の違いです。



関東方面では、七草の日である「1月7日」

関西方面では、小正月である「1月15日」



私の場合は、
近所の神社で「どんど焼き」がある1月7日に合わせて外します。





◆正月飾りの処分方法について



1月7日もしくは1月15日に外した「正月飾り」なんですけど、
その後どのように処分してますか?


そのままゴミの日にゴミと一緒に出したりしてませんか?

もしくは、
処分方法がわからず家にそのままあるとか。。。

縁起物でもあるので、捨てるわけにもいきませんよね。



正月飾りの処分の仕方ですけど、
近くで「どんど焼き」が行われているなら、そこで燃やすこともできます。

「どんと焼き」が近所では行われていない場合などは、
近くの神社で引き取ってもらえます。


もしどちらもダメである場合ですけど、

ゴミの日に、正月飾りを白い紙で包んで処分しましょう。
その時に一緒に塩をふって清めておくといいです。



◆処分する際の注意点



最近というか、家庭でゴミとか燃やしちゃダメですよね。
ダイオキシン問題で。

ですから「どんど焼き」や神社に奉納する場合には
プラスチックの部分はとりはずします。

分別してプラスチック部分はゴミの日の出します。


 - 季節の行事