暮らしに役立つ豆知識

暮らしに役立つ豆知識をいろいろ紹介しています。

子供の好き嫌いをなくす方法とは一体どんなことをすればいいの?

      2015/02/08

子供 好き嫌い なくす

◆子供が好き嫌いが激しく困っています

子供の好き嫌いってなんともならないものなのかな?

親としては、
子供にちゃんと栄養をとってもらい丈夫に元気に育ってほしい。

そんな思いがあります。

しかし、当の本人ときたら好き嫌いが多かったりして食べてくれません。

「全部食べてね」なんて食事の度にいうのも
イライラしたり、不安になったり、心身ともに疲れてきますよね。




◆子供の好き嫌いをなくす方法ってあるのでしょうか?

好き嫌いをなくすといっても
子供のほうが一枚も二枚も上手だったりしてしますし、

変に力みすぎると子育てそのものに疲れてきます。

基本的に子供は子どもとしての個人ですから、
自分の思うようにはなりません。

とは言っても、親としては子供の体のこととても心配ですよね。

では、
好き嫌いをなくす方法にはどんなことがあるでしょう。

1、調理の工夫

子供の好き嫌いをなくすというより食べてもらうには、
見た目や色で嫌いな場合も多いので、

親によるの調理工夫も必要です。

・姿形がなくなるまで細かくしたりする、または、煮込むとかしてみる。

そうすることで、
何が入っているかわからないですし、

たとえわかっても
具材をよける事が出来なければ食べてくれます。

・嫌いじゃないものに少し食べない物を加えてみる。

結構定番で子供が好きなものといえば、
例えばハンバーグ。

その具材をひき肉だけでなく、
豆腐ハンバーグにしたり、魚のすり身にしてみるとか。

味付けやソースはいつもと変わらずにすれば、けっこうごまかせますよね。

あとは、カレーですかね。

カレーも結構子供って大好きですよね。

カレーは、その味や臭いが強いので野菜など刻んで混ぜても分からないです。

・炊き込みご飯にまぜてしまう。

おかず出来上がってから細かくみじん切りにしてします、
それを炊き込みご飯に混ぜてみる。

・白いご飯に野菜や小魚のふりかけ

今のふりかけって、結構いろんなものがでていますよね。

ひじき生ふりかけとか、
焼きいりこと緑黄色野菜のふりかけとか

白いご飯に野菜や小魚のふりかけなら、結構食べてくれるといいます。

2、料理を手伝って一緒に作る。

料理を作るのに子供に手伝ってもらうと、
やっぱり自分で作ったからでしょうか?よく食べてくれたりします。

自らが作ることで、

食べ物にや料理に興味を引くのにはいいやり方だと思いますよ。

自分で作ると、なんだか美味しく感じたりするもんですよね。

3、子供を誉めてあげるのも大切です。

机にさしたものを全部きれいに食べてくれたら

「お皿綺麗になったね!!」
とか
「ピカピカだね!!」

とか

「すごいじゃん!!
もうこんなに食べられるようになったんだね。えらいんだね~」

子供を誉めてあげることで、

食べれるという自信がついてきたり、自ら食べるようになったりします。

やっぱり食べてくれたら嬉しいので
どんなに自分が嬉しかったかもちゃんと伝えてみましょう。

4、食事は楽しく食べなければ美味しくありません。

親であるあなたが、美味しくなさそうに食べているのを見たら
子供は食事が嫌いになります。

また、

子供が食べなくても

親がおいしそうに食べていたら
食べなかったものに興味を示してくるかもしれません。

家族揃って楽しく食べる工夫も大切ですよね。
みんなで食べると美味しい!!みたいな感じで。

食事は楽しいという雰囲気、楽しい時間だというのを
子供が感じるようになるといいですよね。


◆でも食べないからといってしからないでね

やってないけないこととして
食べないからといってしかってしまうこと

毎回の食事で注意をしてイライラしていると、

食事自体が嫌な時間になり、
後々も印象がよくないものとして理解してしまいます。

また無理に食べさせようとすると、

トラウマみたいになることで、

余計嫌いになったり
心に深い傷を負うことで良くない影響も考えられます。

◆まとめ

このように、子供の好き嫌いをなくすためには、
子供頑張るというよりは、周りのがんばりの方が重要です。

子供の周りの環境が違ってくるだけで、
好き嫌いは自ずと変わってきます。

たとえば、保育園にいくようになって
友達がパクパク食べてると、
いつの間にかその子と同じように嫌いだったはずのものを食べてる

なんてこともよくあることです。

親が気長にゆったりと構えることも必要なことかも知れませんね。

あと、お手軽さでいえば、青汁とかって
最近は美味しいものも出てきて、結構ぐびぐびいけるんですよね。

あれって、野菜を細かくすることを考えると、すでに細かいですから、
お手軽に野菜不足の解消になるんです。

だから、

偏食のある子どもが牛乳と青汁ならどっち飲む?と聞いたりすると、
「青汁飲む!」というぐらい気に入って飲んでいる子もいます。

▼手間をかけず青物が摂れる▼
おいしい青汁  

 

 

 - 子供