e313c706d545a0ea55da8462c3d999ce_s

涼しい。。。肌寒い。。。などつい最近まで言っていたのに、
最近の気温は夏の暑さ。

とくに5月になり
急激に気温が上昇したりして

熱中症の疑いで救急搬送される人が増え始めています。

暑い季節ならば熱中症に注意が向くんですけど、
春や初夏では、まだ体が暑さに適応できていません。

そういった状況で季節外れに気温が上がると油断から熱中症になりやすいんです。

暑さに慣れていない、この時期だからこそ万全の熱中症対策が必要なのです。

5月の時点で30度の予想ならばもはや真夏日ですからね。

◆熱中症ってどんなかんじですか?どんな症状なの?

いつものように決まった時間に運動しようと
ウォーキングをする場合など

突然の真夏日であるにも関わらずいつもと同じ感じで運動してしまう。

なんだか。。。体が重い。。。なんてことにも。

熱中症の症状かなぁ。。。と思う場合

[tip] めまい、失神、筋肉痛、
筋肉の硬直、大量の発汗、
頭痛、不快感、吐き気
嘔吐、倦怠感、虚脱感、
意識障害、痙攣、高体温[/tip]

などがあります。

◆熱中症ではないだろうか・・・と思った時の対処法は?

自分の場合で意識がある状態なら、
すぐにでも涼しい場所へ避難して着ている服を緩めて体を冷やしてください。

対策として水分補給と塩分補給をして、十分に休息してください。

たいていの場合は体力は回復し気分も良くなります。

それでも症状に改善が見られない場合は病院で診察を受けてください。

周りの友達や家族などが
上記の症状を起こした時も同様に介抱してあげてください。

もし上記の症状がでており、

意識がもうろうとしていたり、
意識がない場合は速やかに救急車を呼んでください。

救急車が到着するまでの間に対処としては、

涼しい場所に移動して、着ている洋服を緩めて
氷などで首筋、脇、太ももの付け根、膝の裏などを冷やしてあげてください。

◆熱中症対策としてなにが大事であるのか?

暑い季節が訪れてからではなくて早い時期からの対策が肝心です。

それには体づくりが大事。

十分な睡眠と規則正しい生活
バランスの良い食事
ウオーキングなど軽めの有酸素運動

もちろん暑くなりそうな日は

こまめな水分補給
塩分やミネラル補給
風通しの良い服装
日傘
帽子

そういった簡易的な対策も大事ですけれど、
暑さに負けない体調管理が基本です。

◆まとめ

とにかく今の時期でも気温が高い日は
「熱中症になるかもしれない」と認識することがとても大事になってきます。

たとえ部屋の中にいようとも、
喉が乾いてないからといえども、

水分をマメに補給するよう心がけましょう。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事