140302

梅雨の季節が近づくと気になるのが湿気。
ジメジメして不快感があるのは嫌なものですが、それ以上に困るのがカビ。

梅雨ならではの悩みである

カビやその原因となる湿気を退治するにはどうすればいいのか?

この時期天気が悪いからと洗濯物の部屋干し。
お風呂に入った後の湿気。

料理などでも湿気は出ます。

カビ対策としての効果的な方法とは何でしょう?

◆カビの予防対策は「換気」が一番

カビと聞くと連想するのが
「カビキラー」「お酢」「クエン酸」「アルコール消毒」など。。。

撃退方法として上記のアイテムが使用されています。

実際カビ対策としてなんら間違えではありません。

しかし、カビを発生させないようにすることも大事です。

それには「換気」が一番なのです。
換気によって空気を循環させ、乾燥させればカビは生えにくくなります。

換気は具体的にどうすれば良いのか?

[tip] ・換気扇を回す
・窓を開ける[/tip]

これだけです。

◆どうして換気が必要なのか?

カビの発生理由は、

[tip] 栄養
温度が20~30℃
湿度が70%前後[/tip]

ですから天気の良い日に窓を開けて風を通して湿気を逃がすのが
一番経済的かつ効果的なんです。

昼間は家に誰もいない場合は常時換気扇でその役割を代用します。

発生理由に湿度が関わってきます。
梅雨時期は湿度が高くて気温も高くなりますからカビの季節なんです。

◆カビ対策のコスト面でも換気が一番

あと換気以外の方法としては湿度をなくす事。

除湿機やエアコンをかけると空気が乾燥してカビの予防になります。

ただ。。。エアコンに関してはつけっぱなしにすると電気代が掛かります。
除湿機は比較するとエアコンのほうが高くなります。

除湿力はどちらも高いですけど部屋の空気を滞留させないのがポイント。

もちろんエアコンや除湿機を常に稼働できるなら
それにこしたことはありませんが、なかなかそうはいきませんよね。

換気扇ですと1ヶ月つけっ放しにして年間で1900円程度なので
常日頃から換気扇を回しておくことをオススメします。

◆まとめ

換気扇をつけているだけでもずいぶんと部屋の空気は違います。

とはいえ部屋のなかでも部分的に空気がたまりやすい場所や
空気が通りにくい場所がありますから、

扇風機やサーキュレーターなどで風を送ってあげると

より効果的に換気ができます。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事