6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

夏の日差しが強い季節は特に日焼け止めには気を使っているものですけど、

うっかり日焼け止めを塗らずに。。。
気づいたらかなりこんがりと焼けてしまっていることも。

また、塗り残しによって顔や体の一部分だけ焼けてしまった。。。

なんてこともあります。

しかしこのメラニン色素のおかげで紫外線から守られてもいます。

どうしよう。。。なんて焦ったところで
日焼けで黒くなったのを、すぐに元にもどすことは出来ません。

とはいえ放置なんていうのも肌にはよくありませんから、

日焼け後に肌を白く戻すようにするためにはどうしらいいんでしょう?

スポンサーリンク

◆まだ皮膚が赤い状態なら

強い日差しを浴びた肌は軽いやけど状態なのです。
ですから皮膚が炎症をおこしています。

そんな時にはまず「冷やす」ということをしましょう。

これは火傷の処置と同じです。

痛みが引くまで十分に冷やしてください。

・具体的にどうするのか?

この状態で化粧水や美白クリームなどは塗るのはNG。

・タオルを氷水につけて絞り患部に置いてください。
・氷嚢(発熱時に頭に乗せる氷袋)やビニール袋に氷をいれて患部を冷やす。
・保冷剤をガーゼにくるんで患部にあてる
・冷えピタなどを貼る

このようにして皮膚の炎症を抑えましょう。

◆皮膚が、もう痛くない状態なら

炎症が治まったなら次に大切なことは水分補給です。

日に照らされて皮膚は水分が不足しています。
その皮膚に水分をタップリと与えてやり保湿をしてください。

なるべく刺激の少ないものでセラミドが入ってるのがおすすめ。

・さてタップリとはどれくらいなのか?

普段の2~3倍を目安にしてくださいね。

塗り方としても優しく塗ってください。
あとコットンに染み込ませたものでパックなんかも有効です。

その後に保湿クリームを塗り蓋をします。

この時点で何もしていないお肌よりも後日数段状態は良くなります。

スポンサーリンク

◆外からだけでなく内側からもケア

さて体内の水分も不足していますから水分補給を忘れずに。

日焼けした肌を回復させるのに有効な栄養素といえば

・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE

日焼けする前からの事前対策として普段からマメに摂取することも大事。

・それぞれの働きはなんなの?どんな食材に含まれているの?

ビタミンAは抗酸化作用が期待できます。

なぜ?抗酸化作用が必要なのかというと
日焼けすると活性酸素がたくさん作られます。

この活性酸素は体を酸化させる(体が錆びる)ので、抗酸化が必要なんです。

ビタミンAが多く含まれる食材は

かぼちゃ、人参、ブロッコリー、ほうれん草、トマトなどの
緑黄色野菜と言われる色の濃い野菜です。

ビタミンCはメラニンの生成を抑制してくれる働きがあります。

メラニンとは日焼けすると(紫外線があたると)
紫外線予防として体内で作られるのですが、

そのメラニンはシミ、ソバカスの原因でもあるのです。

ですからシミやソバカスの予防としてビタミンCは必要なのです。

ビタミンCが多く含まれる食材は
レモンやオレンジ、イチゴ、トマト、じゃがいもなどです。

ビタミンEは抗酸化作用と共に肌の新陳代謝を活発にしてくれます。

新陳代謝がUPするということは、
肌が新しく生まれ変わることですから

メラニンが出た肌が再生されて綺麗な美白の肌に生まれ変わるということ。

ビタミンEが多く含まれる食材は
アボガド、ナッツ、オリーブ、ゴマ、大豆などです。

◆まとめ

日焼けをして気になるのはその後のシミやソバカス。
綺麗に美白したいというならば、

紫外線を浴びた後に肌をケアすることを忘れないで下さいね。

気になる人は多いんですけど、
意外とケアをきちんとしている人は少ないんですよ。

なんと半数の50%の人がケアをいい加減に行っているのです。

日焼けしてしまったときには、的確なアフターケアが大事です。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事