cc4d64cb09e8041d6347c85f72db24e5_s

春の食べ物といえばたけのこがありますが、
その時期になると。。。

あちこちから頂いたり、また実家から大量に送られてきたりします。

春の知らせとしてとても嬉しく思う反面、
食べきれない量なので、おすそ分けをするまでの間保存しておかないと。。。

たけのこを皮付きのままで手を加えないでの保存の仕方ってあるのでしょうか?

スポンサーリンク

◆新聞紙にくるんで涼しいところにおいておけばいいの?

皮がついたまま貰うと新鮮な感じがするので、できればそのままおすそわけしたい。

そこで。。。
新聞紙にくるんで暗いところにおいておく方法などはどうなのか?

答えはNOです。

たけのこは皮つき保存が出来ないのです。

そのままおいておくとですね竹に成長しますし、
なにより時間が経てば経つほどどんどんえぐみが強くなってきます。

そう。。。たけのこは鮮度が命なのです。

・じゃあ常温でダメなら野菜室など冷蔵庫にいれるのはどう?

それも同じです。

竹の子は採ったら、すぐに下ゆでしないと美味しくなくなります。

ですから、おすわけするならば茹でてあげた方がいいですよ。

◆じゃぁどのように保存すればいいの?

・冷蔵庫で保存する場合

冷蔵庫で保存する場合なんですけど、

まず下茹でします。
そのまま放置して冷めるまで待ちます。

冷ましたら皮をむいてタッパーなどに水を入れて冷蔵庫で保存。

そうすると1週間持ちます。

注意点としては毎日水の交換をしてください。

・冷凍保存する場合

冷凍保存の場合ですがそのままラップに包んで冷凍してはいけません。
そのまま冷凍するとスカスカになってしまいます。

ですから冷凍する場合は砂糖を混ぜます。

下茹でして冷ました「たけのこ」を洗い5mmぐらいの厚さに切り分けます。

たけのこ500gにつき砂糖大さじ1を全体にパラパラふりかけます。
それを1回分ずつジップロックに入れて冷凍庫に保存します。

するとスカスカにならないで保存できます。

保存期間は1年ほどです。

スポンサーリンク

◆たけのこの下茹での方法

たけのこの先端を5から6センチ斜めに切落とします。

次に鍋に入る大きさに切り分けます。

鍋にたけのこがかぶる程度の水を入れ、
ぬか一つかみと鷹の爪を入れ火にかけます。

煮立ったら弱火に変えておよそ1時間、根元に串がサクッと通ればOK。

◆まとめ

春のシーズンの味わいといえば「たけのこ」

大体店先に並ぶ物は中国原産の孟宗竹(もうそうちく)ですが、
しなやかで品のあるうまさと、歯ごたえのよさが特色

「たけのこ」は、まさしく春でないと食べることが出来ない逸品です。

読んで字のごとく竹冠に旬と書いて「たけのこ」と読むように
そのままの保存というのは難しいのですね。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事