d20e9daeb6857e45795dfa19574b1c10_s

最近は登山にハマる女性が増えていますね。

たしかに自然を身近に感じられる登山はとても楽しい趣味の1つなんですが、
登山する時は服装からしっかり準備しましょう。

上級者は山のことをよくわかっているので問題ないんですが、

初心者の場合においては、
どうしても服装について正しい知識がなかったりするので注意しましょう。

スポンサーリンク

◆登山の服装はどんなかっこうをすればいいの?

登山の服装は季節を問わず、
アンダー、ミッド、アウターの3種類で構成するのが基本です。

アンダーは肌着、ミッドはアンダーとアウターの間に着る服、
そしてアウターはいわゆる外着です。

なぜこの3種類が必要なのか?

まずアンダーは汗を吸収してくれます。

そしてミッドは体の保温、アウターは風や雨などを防ぐ役割を果たしています。

どれも登山には欠かせない役割ばかりで、
寒い冬だけじゃなく夏でもこの3種類で構成することが大切です。

もうすこし細かく見ていくと、

アンダーは汗の吸収に優れているもの、
ミッドやアウターは防寒性を意識しつつ動きやすいものを選ぶのが理想的です。

夏場でも全部長袖タイプを選びます。

夏で暑いからTシャツだけでいいや、なんていう考え方は厳禁なんですね。

靴は登山用の登山靴やトレッキングシューズを選び、
日除けのために帽子も必須です。

◆登山に適した服装にすること

女性だと特に見栄えにも気を遣いたい、
オシャレしたいという気持ちがあると思います。

それは悪いことじゃないですし、
オシャレな格好で登山を楽しみたいと考えるのも当然のことです。

ですが、

登山の時にはまず機能性を重視して、
それからオシャレを考えるようにしましょう。

また、常に着ている必要はないんですが、

雨が降った時のためにレインコート、
気温が急激に下がって寒くなった時のために暖かい服も用意しておくと便利です。

バッグの中に入れていつでも着替えられるようにしておきましょう。

山は天候が変わりやすく、
しかも時間の変化と共に気温も一気に変わります。

思わぬ自体になることもありえるので準備は入念に行うことが求められるんです。

こうした基本さえ守っていれば後はどんな服装でもかまいません。

スポンサーリンク

◆最後に

とにかく全身登山に適した服装にすること、これがなにより大切なポイントです。

最近はお店でも女性向けのオシャレな服がたくさん売られているので、
機能性をチェックしつつ好みで好きな服をチョイスすればより登山を楽しめます。

値段的には有名ブランドになるとすごく高いですけど、
普通のものでも差し支えありません。

ただし、レインコートはコンビニ等のような安いビニールはやめましょう。

イオンなどに行くとスポーツオーソリティーがあり、
そこには山関係の服や持ち物のコーナーがあり参考になりますよ。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事