グレービーソースとデミグラスソースは見た目の色が似ています。
そして同じような響きで、洋食に使うソースです。

しかし、名前が違うということは、やはり違うものですよね?

グレービーソースとデミグラスソースはどう違うのでしょう?

スポンサーリンク

◆グレービーソースとデミグラスソースはどう違うの?

グレービーソースとデミグラスソースには、

・作る手間(時間、材料)
・味
・使う料理

という感じでざっくりと3つの違いがあります。
それぞれ具体的に見ていきます。

◆作る手間が違う

・時間

グレービーソースとデミグラスソースはソースを作る手間が違います。

作るのに手間がかかるのはデミグラスソースです。
およそ1日から2日ぐらいの時間をかけて長時間煮込むことで作ります。

それに対して、グレービーソースは盛り付ける直前に作るソースです。
ですからデミグラスみたいに長時間煮込みません。

・材料

もちろん材料も違ってきます。

デミグラスソースの材料は、

・牛肉
・セロリ
・にんじん
・トマト
・玉ねぎ
・ニンニク
・赤ワイン
・りんご
・バター
・薄力粉

になります。

グレービーソースの材料は、

・肉汁
・ワイン
・小麦粉

などになります。

スポンサーリンク

◆味の違い

デミグラスソースとグレイビーソースでは手間(時間、材料)が違います。
ですから、当然味も違ってきます。

じっくりコトコト長時間煮込むデミグラスソースは非常に濃厚で複雑な味です。
ビーフシチューやハヤシライスの味といえば、わかりやすいですよね。

ビーフシチューやハヤシソースもデミグラスソースを使っています。

肉汁を利用するのがグレイビーソースなので、基本肉の味がします。

◆使う料理の違い

デミグラスソースは洋食屋さんのメニューで、

・ビーフシチュー
・ハンバーグ
・オムライス
・ハヤシライス

といった料理に使われることが多いです。

グレイビーソースは、

・ローストビーフ
・ロコモコ
・マッシュポテト
・ステーキ

などの料理に使われます。

◆最後に

以上がグレービーソースとデミグラスソースとの違いですが、
デミグラスソースを調べてみると、

・デミグラスソース
・ドミグラスソース

という言葉がでてきます。

これらは同じソースで一般的に普及している呼び方でいうところの
「デミグラスソース」になります。

どうして「ドミ」と「デミ」なのか?

フランス語でdemi-glaceと書いて「ドゥミグラス」と読みます。
(フランス語ではeはウと発音する)

しかし「demi-glace」を英語として読むと「デミグラス」になります。

フランス語発音か英語発音の違いでした。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事