油 捨て方 簡単

揚げ物したくない。。。
揚げ物をしたくない理由の一つが油処理なんですよね。

油の処理方法のいろいろありますけど、
どれも、結構面倒だったりします。

それにフライパンで揚げ物した後、
フライパン洗うのもかなり面倒ですよね。

ですから
揚げ物食べたいときは外食で食べるという感じの家庭も多いようです。
油の捨て方が簡単ならば、揚げ物も気にせずに出来るのにね。


スポンサーリンク

一般的な油の捨て方|「燃えるゴミ」として出す方法



・牛乳パック

牛乳パックに新聞紙やキッチンペーパーなどを詰めて
そこに油を流し込み、テープでしっかり蓋をしてゴミに出す。


・固めるテンプル

市販の凝固剤「固めるテンプル」で固めてポイする。
固めるのが一番楽ちんですね。


楽天油凝固剤特集はこちら>>>


・エンジンオイル用廃油パック

お歳暮やお中元で貰った油で賞味期限が過ぎていて使えない場合なんですけど、
料理に使用した場合違って大量になりますよね。

そんなときは車のオイル交換用の廃油パックとかですと
5リットルとかいけます。

その後は燃えるゴミでポイ(注意:自治体によって違います)


・古雑誌

子供が読む「ジャンプ」などの漫画雑誌を油の鍋に立てて吸わせる。
沁み込ませたら、袋に入れて捨てる。


・新聞紙

古雑誌同様に沁みこませて、ビニールに入れて捨てる。


・片栗粉

片栗粉で油を固める方法は、
油と同じ分量の片栗粉を油がまだ温かいうちに入れます。

そのまま冷ますとドロッとした個体になりますから、
ビニールに入れて捨てます。


・小麦粉

小麦粉で油を固める方法は片栗粉と同じ要領です


ほかに油の捨て方で簡単な方法はないものか?



今まで上記の方法でいろいろ試してきましたが、
どれも良いといえば良いですけど、

できれば捨てずにリサイクルできる方法があればいいなと。


・廃油でキャンドル

凝固剤で固めた油を捨てるの良いですが、
ろうそくとして廃油がリサイクルできるので、
環境にも優しくてエコロジーだということで結構たくさん作り方がUPされています。

廃油のたびにキャンドル作ってもたくさんできちゃって困る?かもしれませんが、
子供の夏休みの工作とかでも提出できますよ。
エコであるところがポイントになりますから良いですよ。







・苛性ソーダを使わずに廃油で石鹸

手作りの石鹸で引っかかるのが「苛性ソーダ」
一応薬局で買えますが劇薬扱いので注意が必要。。。
そこで苛性ソーダ不要で安全に作れる素があるのでそれを使って作ります。

ミキサーで作る手作り石鹸の素はこちら>>>





・廃油ストーブ

少し変わったところで廃油の有効利用に「廃油ストーブ」があります。
この場合問題は初期投資です。
のちの燃料は廃油ですからタダですけれど17万くらいです。

1日9時間使用で12リッター程使いますから
家庭ではそんなたくさんでないですね。
お店とかやってるといいかもです。

楽天廃油ストーブ特集はこちら>>>


スポンサーリンク

まとめ



これらの方法が一般的ですよね。

でもこれが結構手間だったりするから、
揚げ物が我が家のテーブルから遠ざかっていくんです。

沁み込ますにしても、今って新聞とらない家が増えていますし、
雑誌も電子書籍とかになりつつあります。

私の家もそうですが、新聞も雑誌もありません。
片栗粉や小麦粉も、結構な量使うので
消費が早くコスト的にも。。。
固めるテンプルがこの中では一番楽かな。

確かに暖かいうちに入れたりとかあるからそれぞれ一長一短だったりします。



スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事