ミョウバン完成



ミョウバン水を作ろうと思い。
さっそく準備してつくりにかかるも、


水とミョウバンの割り合いってテキトー?なわけはないですよね。


せっかく作るんで、ちゃんと調べてから作ろうと思い、

どれくらいの割合か?

ミョウバン水の作り方で500mlだとペットボトルになりますから、
考えた挙句、直接スプレーボトルにつくってみました。







ミョウバン水の作り方 材料は?



まず材料を用意します。


[tip]・ミョウバン
・水
・計量カップ
・スプレーボトル[/tip]

ミョウバン1


ミョウバンなんですが、近くのスーパーで買ってきました。

(株)コーセーフーズ
コミローナ「焼ミョウバン」

10gずつ袋に小分けしてあるタイプです。


漬物コーナーに売っていました。


価格は140円です。



スプレーボトルは100均で購入。
私の場合は250mlのスプレーボトルを買ってきました。




ミョウバン水の作り方 割合は?



ミョウバン2


買ってきたボトルにお水を入れて、ミョウバンを入れます。

で、割合なんですが。


10gに小分けされていますから
それに見合う水の分量がちょうど250mlになります。



あとは混ぜるだけ。


◆手順


ミョウバン3


①まずはボトルにミョウバン10gを入れます。

②次に計量した水250mlを入れます。


ミョウバンと水の順序は逆でもかまいません。


③よく振って2~3日放置します。



しばらくすると沈殿してきます。


1日目はまだ底のほうに残っています。

溶け残り


2日目も若干ですが、残っています。
結晶なのかな?

分離した上澄みは綺麗に透明です。



2日目の夕方には全部綺麗に溶けていました。

もう使えそうです。


ミョウバン完成




反省点




ミョウバン水って、使用用途が広いんですよね。

例えば、

[tip]肌の引き締め
制汗
殺菌作用
ワキガ
足の臭い
防腐剤
ベーキングパウダー
茄子の漬物[/tip]


これらの使用用途があります。


しかし、顔や皮膚につける場合ですと
濃度の問題があります。

原液として500mlで作り濃度をうすめて使う方がよいと思います。


10倍~50倍に薄めて直接顔に吹き付けるとかできます。



今回私の目的は靴の臭い対策として作りましたから、
原液のまま使用しようと思っています。


ちなみ500mlの場合
ミョウバンは20g必要です。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事