ひな祭り メニュー おもてなし

ひな祭りと言えば、娘の成長を祈る節句の行事。
それが初節句なると。。。なにかと回りも浮足立ちます。

娘の初節句に両親を招いて

ひな祭りパーティーを自宅でするというひとも多いと思います。

そうなると。。。気になるのがおもてなしの料理。

初節句ひな祭りのおもてなしメニューにはなにが良いのか?

また、

お雛様で食べるお菓子とはどのようなものがあるのか?

◆ひな祭りのメニュー おもてなしの定番は?

ひな祭りのホームパーティーのおもてなしのメニューですが、

定番ですと

[tip]・ちらし寿司
・蛤のお吸い
・菜の花のお浸し
・春野菜の天ぷら
・尾頭付きの鯛塩焼
・雛祭りケーキ[/tip]

といった感じになります。

お食事会の流れとしては、
食事→お茶→全員で写真撮影…という、まぁありきたりな感じ。

ですからそんなに気張らなくても良かったかなぁ。。。というのが私の感想。

上記にメニューに付け足すならば、

[tip]・食事の前の食前酒に梅酒
・桜湯
・お刺身[/tip]

くらいでしょうか?

ちらし寿司もこだわったわけではなくて
「ちらし寿司の元」でサクッとつくりました。

今にして思えば、
「お刺身」メニューを入れなかったんですけど、

ちらし寿司じゃなくて手巻き寿司でもよかったかな?と思います。

おみやげとしてはお赤飯や桜餅を用意しました。

◆ひな祭りのお菓子について

ひな祭りのお菓子なんですけど、

[tip]・菱餅
・桜餅
・ひな祭りのケーキ[/tip]

を用意しました。

ケーキは子供も喜んでいましたが、
子供のために果物なんかもあってもいいかなと思います。

イチゴ・キュウイ・バナナ・パインなどを使って、
フルーツポンチなんか作るのも楽だし子供受けがよいですよね。

ほかにも、イチゴやミカン、桃の缶詰であしらった杏仁豆腐もいいですよね。

ひし形にカットすれば
ひな祭りでのお菓子でひし形の菱餅みたいで良いですよ。

◆まとめ

初節句のひな祭りでのメニューはこんな感じでおもてなししました。
結果、難なく終わりました。

そんなにこだわらなくてもよかったなぁと。

あくまで主役は娘で、娘が両親とずっと話していてくれたのでおかげ?

さいごはみんなで記念に写真を撮って無事終了。

その写真もちゃんとミニアルバムなんかにして贈りました。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事