吉野山 桜 ルート

桜の名所といえば「吉野山の桜」が有名ですよね。
かなり古くから桜のすごい綺麗なスポットして人気があります。

ですから、見頃になるとそれはそれは全国からいろんないとがやってきて
たいへんな賑わいとなります。

桜のスポットとしては、

 

下千本(しもせんぼん)
中千本(なかせんぼん)
上千本(かみせんぼん)
奥千本(おくせんぼん)

というぐわいにわかれていまして、

約200種3万本の桜が咲く時期が微妙にずれることから
何度訪れても景色が違うので長く楽しめる場所でもあります。

初めて吉野山の桜を見物に行く場合どのルートがよいのか、わかりませんよね。

基本ルートの選び方は、
訪れる時期に桜がどこに咲いているかでルートをチョイスするとよいですよ。

スポンサーリンク

◆参考MAP

吉野山 地図

◆下千本ルート

花見に行く予定時期によっても違いますが、
下千本と中千本と上千本は2~3日ずれて見頃が始まります。
奥千本は1週間くらいずれ込みます。

車はこの時期大変な混雑が予想されますので、電車でのアクセスがベスト。
最寄りの駅は近鉄南大阪線終点の「吉野」
下千本は駅を降りたらすぐです。

①駅から徒歩でいく
②ロープウェイで下千本の上に行く

この2つのルートになります。

もし下千本のみの開花ならば「徒歩」がおすすめ。

吉野山ロープウェイの右側の山道を上り、そこから
桜に囲まれた七曲坂が始まります。
ロープウェイの山上駅まで歩けば20分くらいです。

スポンサーリンク

◆中千本ルート

①バスで中千本に移動~徒歩で吉野駅
②徒歩で下千本~中千本(片道40分)

下千本と中千本の開花が重なるなら
吉野駅の駅前から出ている「中千本公園」行きバスに乗り移動して、
その後ゆっくりと歩いて吉野駅まで降りるルートがおすすめ。

人がすごく多いんですけど、臨時のバスもたくさん出ていますから
そんなに待つこと無く乗車できると思いますよ。

吉水神社は「ひと目千本」の絶景ですからぜひぜひ御覧ください。

もしバンバン歩きたいなら徒歩でハイキングするのもよいですよ。

お弁当も持ってきて中千本辺りには広い場所もありますので
シートを広げて、おにぎりを食べるのがとても美味しいでオススメ。
駅前で柿の葉寿司を買ってもいいかも!!

◆上千本ルート

・駅から中千本へバスで移動

駅から中千本へバスで移動して徒歩で花矢倉展望台、水分神社を目指します。
上・中・下と吉野山の桜が一望できるスポット。

吉野山の桜はバスで上まで行って
桜を見ながらゆっくり歩いて吉野駅に行くのが醍醐味。

上千本より上には昼食をとれるようなお店はありません。

◆私のおすすめルート

 

<上り>
吉野駅⇒バス⇒中千本⇒如意輪寺⇒水分神社(上千本)
<下り>
竹林院⇒吉水神社・蔵王堂⇒吉野駅

上中下と桜が咲いているならば、
バスで中千本へ移動して如意輪寺の拝観から出発。

スロープを登り上千本の水分神社まで登ります。

帰りは車道沿いに下ると竹林院。
そのまま下って吉水神社、蔵王堂に。
最後は下千本の中を吉野駅に到着です。

◆その他の注意事項

吉野駅に着いたらすぐに帰りの切符を買うと良いですよ

上千本が満開なら下千本はもう葉桜が見え始めます。
なかなか全部見どころというのも休みの都合とかあり難しいですよね。

開花情報をもとに中~上千本が満開の頃がおすすめ。

>>>開花情報はこちら

買い物や飲食を楽しむには中千本。
混む時間帯は10時位ですから吉野駅に7~8時くらいに着がいいかも。

所要時間ですが、すべて徒歩で歩くと4時間は掛かります。
ですから上りはバスを利用して下りを歩くほうがよいですよ。

◆最寄りの宿泊先

「吉野温泉元湯」

近鉄吉野駅から歩いても20分くらいにある
素敵な日本庭園のあるお宿

料理も美味しく、吉野の谷にひっそりと佇む隠れ宿。

窓からは桜が見え、素晴らしい眺めです。

>>>吉野山の桜周辺の人気のお宿特集|楽旅ノート

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事