105240

季節も暖かくなり新しい環境にも慣れる頃
保育園での行事の一つである遠足が行われます。

0歳児や1歳児などは問題はないんですけど、
3祭児くらいから「お弁当」が必要になってきます。

3歳児の子供達にとって保育園で初めての遠足であると同時に、
お母さんにとっても初めての遠足のためのお弁当作り。

初めてのお弁当って悩みますよね。。。。特におかず。

何を詰めたら良いのか?
栄養は?
見た目は?

そこで保育園での初めてのお弁当についての気になった点をまとめてみました。

◆きれいな見た目よりも簡単に食べられるお弁当がベスト

お仕事も忙しいお母さん。。。

遠足となると朝いつもより早起きをして、かわいいお弁当を作らなければ!!
なんて思ってしまいますよね。

しかし、3歳児という年齢は、
まだまだできないことや難しい事の多いですよね。

ですから、まだお箸が使えないの場合だとフォークで食べることになりますから、
そんな時にフォークで刺しにくいものですと食べにくかったりします。

ですからキャラ弁などの見た目や彩りもすごく大事だとは思うんですが、
まず優先すべきことは

楽しく、簡単に食べられるお弁当にすることです。

ご飯ものなら おにぎりの方がいいですし、
オカズも手づかみやフォークで刺して食べられる方が食べ易いですよ。

栄養に関しても、あまりこだわること無く、
子供が喜んで食べてくれるものを食べれる量だけ入れてあげてください。

◆栄養面などにとらわれず喜んで食べれるだけの量にしましょう

意外に気づかないのがお弁当の量だったりします。

綺麗に可愛く、栄養のバランスも考えて。。。という具合に
あれもこれもと詰め込むと、食べきれない量のお弁当になってしましますからね。

明らかに2一食分じゃないだろうというお弁当だと。。。

食べきれないのでだんだん食べる事が苦痛になってきます。

そうなると、お弁当をあけた瞬間の嬉しい笑顔はもうありません。

この辺りが難しいところですよね。

親の思いと子の思いの微妙な違いがあります。

園の教育方針で「給食は残さず食べましょう」と普段からいっているのに
親としては「余ったら残してね」みたいな感じだと、

子供は「ちゃんと食べないと。。。」と頑張っちゃうみたいなんですよ。

せっかく楽しいお弁当が義務感みたいになっちゃうから

やはり食べきれる量と言うのは大事なポイントです。

◆まとめ

おかずの種類もお弁当だからと特別なものにするのではなく、
普段から食べている好きなものをメインにしてあげてください。

食べなれない野菜などに戸惑って、
上手くフォークでさせなくて、落っことしたりしたらブルーになりますから。

ぜひ食べやすいもの、食べやすい量でお弁当を作ってあげてくださいね。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事